fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

居酒屋河童

[ 2013/11/20 ]
最近暑い日々が続いています。でも、朝晩はそれなりに気温が下がるので油断ができないのがここクイーンズタウン。
昨日は最低気温7度、日中の最高気温26度と、一日の気温差がなんと約20度クイーンズタウンにいらっしゃる方は温度調節しっかりしてくださいね。早朝と夜は長袖必要ですよ。

木生ルピナス


さて、今日は、クイーンズタウン街中のお気に入り日本食レストランの紹介です。まだブログに登場していなかったのが自分でもちょっと驚きですが、それは、

居酒屋河童(いざかやかっぱ)
クイーンズタウン 居酒屋河童


クイーンズタウン中心の通り「ザ・モール」の中にあるのですが、店内はややせまめで、人気もあることから食事時はいつも混んでいます。それも地元の人で大賑わいです。

食事だけではなく、名前の通り居酒屋メニューもあり、もちろん日本酒も揃っています。
それと、地元のセントラルオタゴのワインを中心にワインがそれっているのが私にとってのお気に入りの理由の一つ。

お昼に久しぶりに訪れてみました。混んでいるのでちょっと時間をずらして13時過ぎに行くと、なんとか一席空いていました。ちなみに周りのお客さんは皆日本人じゃありませんでした。

私はおすすめランチボックス。友人はランチお寿司盛り合わせ。冷えた白ワインがあいました。

居酒屋河童 ランチボックス
 
居酒屋河童 ランチ寿司セット


のんびり食事した後、ランチのお客様がほぼ去った時の店内の様子。写真手前にカウンター席が数席あります。

居酒屋かっぱ 店内の様子


もちろん夜もお勧めですよ。クイーンズタウンで、日本食が恋しくなったら足を運んでみてくださいね。その際は、予約をしておでかけください。(のわ~る)
スポンサーサイト



メキシカンレストラン コヨーテ・グリル

[ 2013/10/19 ]
ここクイーンズタウンには、いろいろな国のレストランがありますが、今回紹介するのはメキシコ料理です。

COYOTE GRILL「コヨーテ・グリル」

コヨーテ・グリル メキシカンレストラン


クイーンズタウン街中のショットオーバー・ストリートにオープンしたのは数年前のことですが、出来た当初から結構評判がいいレストランです。
コヨーテ・グリルのオープン前に、同じ場所で営業していた飲食店は、続けて2つぐらい一年もたたずに閉店してしまったので、このレストランどうなることかと思っていたら、どうやら定着してきたようです。

メキシコ料理といえば、タコスぐらいしかイメージのない私、友人が働き始めたのをきっかけに訪れてみました。

まずはドリンク。メキシコ料理にあうワインが思いつかなかったし、せっかくなのでレストランのお勧めであるフローズン・マルガリータを頼んでみました。

フローズン・マルガリータ


手前はストロベリー・マルガリータで、奥はスタンダードのマルガリータ。他にマンゴー・マルガリータもありました。もちろんフローズンではないのもありますよ。

お通しとして、トルティーヤのチップスとサルサが出てきました。嬉しいですね。チップスが食べ放題だったらもっといいのに

トルティーヤのチップス


そしてメインは、チキンとビーフ両方混じったMix Fajita「ミックス・ファヒータ」を。どんなのだろう?メニューにSizzling(”ジュ―ジュ―いう”という意味)って書いてあるから鉄板焼きみたいなのかな?と想像しながらオーダー。
そうしたら本当に、鉄板にのってじゅうじゅういいながら出てきました。思わず紙ナプキンを持ち上げて、油のはねをよけつつ、日本のとあるハンバーグレストランを思い出した私。。。

ミックス・ファヒータ


そしてトルティーヤとワカモレ、サルサ、サワークリームが出てきました。

トルティーヤに包んで食べろってことだね、と、トルティーヤに具とワカモレやサルサをのせて包んで食べます。
具やつゆがこぼれないように包んで食べるのはちょっと技術が必要です

結構ボリュームもありおなかいっぱいになっているのに、思わずデザートを注文。メキシコ風クリームブリュレです。ココナッツ風味で、おいしゅうございました。

メキシコ風クリーム・ブリュレ


コヨーテ・グリ―ル。お勧めレストランの一つですよ。ぜひ訪れてみてください。とってもお腹がいっぱいに感じるのは、もしかしてトルティーヤが胃の中で膨張するせいなのだろうか?と思っているのわ~るでした


ミスター・ホイッピー

[ 2013/09/07 ]
先日クイーンズタウンにオープンした新しいアイスクリームショップ、モーベンピックを紹介しましたが、その時予告した通り、新たにもう一軒アイスクリームショップがオープンしました。クイーンズタウン4件目となるアイスクリームショップです。

その新しいお店の名は Mr Whippy ミスター・ホイッピー

Mr Whippy ミスター・ホイッピー


先週末仮オープンして、スタッフがアイスクリームをサーブするのに慣れる時間を与えた後、本日7日土曜日に正式にオープンとなりました。

名前がホイップというぐらいですから、ホイップしたアイスクリーム、すなわちソフトクリームです。ソフトクリームは普通のアイスクリームよりサーブするのにちょっと技術が必要ですからね


Mr Whippyは、1964年創業で、ニュージーランドではとてもなじみのあるアイスクリーム屋さんです。バンを利用した移動式のアイスクリーム屋さんで、音楽をかけながら住宅街を巡回して販売しています。
音楽が聞こえてくると、ミスター・ホィッピーが来た!といって子供たちは小銭をにぎりしめアイスクリームを買いに走るというものです。日本の石焼き芋屋さんのようなイメージかな。。

また様々なイベントにも登場します。バンですからフットワークが軽いのです。

その移動式のアイスクリーム屋さんが固定の店舗をクイーンズタウンに構えました。今年7月にオークランドにオープンしたお店に次ぐ2店舗となるようです。

実は、正式オープニングを待たずに先日行ってきました

店内に入ると、なんとその移動式のバンの形をしたカウンターになっていました。 かわいいですねえ。

ミスター・ホイッピーの店内 バンの形をしたカウンター


テーブルがあって店内で食べることができます。オリジナルのTシャツも販売しています。

ミスター・ホイッピーの店内


確かに店員さんが慣れない手つきでソフトクリームをコーンにいれてくれましたよ。これは普通のコーンではなくワッフルコーンを選んでいます。

ミスター・ホイッピーのソフトクリーム


基本は白いソフトクリーム。そこに、チョコや、ナッツなどトッピングが追加できます。 日本のソフトクリームのように、チョコレート味やミックスがあるともっといいのになあ。

ミスター・ホイッピーのソフトクリームのトッピング


その他、フローズンヨーグルト、パフェ、ホットチョコレート等もありました。

そして、今日の正式オープニングでは先着1000名に無料でアイスクリームが配られました。

もちろん入手しましたよ。子供たちに混じって。確かにこの間と同じ店員さんでしたが、手つきがとってもよくなっていました。

ということで、クイーンズタウンでのアイスクリームのチョイスが増えました。どこがおすすめかと聞かれると、おすすめのワインはと聞かれるのと同じぐらい困りますねえ。クイーンタウンに来たら、せひ全部試してみてください。(のわ~る)


モーベンピック・アイスクリーム

[ 2013/08/23 ]
数か月前になりますが、クイーンズタウンの街中に新しいアイスクリームショップがオープンしました。

スイス生まれのMövenpickモーベンピックアイスクリームです。モーベンピックのアイスクリームそのものは、コンテナ入りでスーパーで買えるのですが、専門のお店は、今まではオークランドとウェリントンにしかありませんでした。なんとなく都会にあるアイスクリームショップというイメージがあったのですが、このたび、このクイーンズタウンにニュージーランド南島初のお店としてオープンしました。

既に、クイーンズタウンには2店舗アイスクリーム屋さんがある中で、3件目として登場したモーベンピック、立地条件がいいのか、ブランドイメージなのか、開店当初から冬であるのにも関わらず、結構人気です。かくいう私も、オープンしたその週も含め既に4回目

モーベンピックアイスクリームショップ


中は明るくてとても清潔で、やっぱりちょっと都会的。

アイスクリームは 15種類ぐらいあり、店内に入ってどれにしようか悩んでいると、にこやかなお兄ちゃんが、「アジミ、タダ」とフレンドリーに話しかけてくれます。

モーベンピックアイスクリーム


モーベンピックのアイスクリームはクリミーでちょっと甘さ控えめかな。今日は、マカデミアナッツのアイスクリームにしてみました。前回食べてみたカプチーノや、ブラックカラント&クリームもおいしかったですよ。手作りのコーンか、カップか選べます。コーンがお勧めです。

モーベンピック マカデミアナッツアイスクリーム


先日はケーキとアイスクリームのセットにも挑戦してみました。ケーキは結構甘いのですが、アイスクリームの冷たさが甘さを抑えてくれるのでついつい食べてしまえるという危険な組み合わせ。

暖冬とはいえ冬なのに、既に数回足を運んでしまった私。夏になったら通るたびに店内に吸いこまれてしまうのではないかという予感がしています。あるいは、飲んだ後にふらっと入ってしまいそうな。。そして、店員のお兄ちゃんの日本語が増えて行くのかどうかもひそかに楽しみです。

また、なんと近々もう一軒アイスクリームショップがクイーンズタウンにオープンする予定です。こちらも報告しますね。

それでは、リースリング風味のアイスクリームがあってもいいんじゃないかと思っているのわ~るでした。

ワカティプ湖畔の「ボードシェッド・カフェ&ビストロ」

[ 2013/02/17 ]
クイーンズタウンのワカティプ湖畔に昨年12月にオープンしたばかりのカフェ&ビストロの紹介です。その名は

The Boat Shed Cafe & Bistro Queenstown
「ボードシェッド カフェ&ビストロ」
ボートシェッド・カフェ&ビストロ


名前の通り、元ボートシェッド(ボート小屋)がカフェの隣にあります。写真中左側の建物がボート小屋です。

現在カフェになっている建物そのものは、1860年代にクイーンズタウン街中の蒸気船発着場所に雑貨屋として建築され、その後しばらく乗船券発券所として使われていました。1930年代に、ダニーデンの弁護士Fred Duncanが2隻のボートのために、ボート小屋を現在の場所に建て、その隣に別荘として使うために、この乗船券発券所を買い取り移築しました。

その後建物が老朽化したために、1999年に、ボート小屋、元乗船券発券所共に取り壊す話が持ち上がりました。その時に、この建物の歴史的価値を見出す地元の人たちによっ反対され、2005年には保護するための団体が形成されました。その後資金を集め、ようやく昨年本格的に修復が始まったものです。

歴史的建物を保存するという目的の他、地元の人が気軽に触れ合えるような存在にしたいとの意向で、乗船券発券所でカフェを営業してくれる人を応募し、その結果既にアロータウンで評判の高いProvisions Cafeを経営しているJane Shawが名乗りを上げました。隣のボート小屋そのものは博物館として将来オープンする予定です。

その、ボートシェッド・カフェ&ビストロです。お茶をしに立ち寄ってみました。

建物の表側も屋外にテーブルがありいい感じでしたが、中に入ると、奥にワカティプ湖が広がるの見え、思わずハッとしてしまいました。めまいを感じるぐらいの風景。

ボートシェッド・カフェ&ビストロの中からワカティプ湖を望む


実際は明るいところから急に暗いところに入り、でも、その先が明るくて目の焦点が合わなかっただけですが。。いやいや、本当に息をのみました。

本当はコーヒーとケーキでもと思ったのですが、カウンターに近寄ると、地元セントラルオタゴのワインがずらり。好感度アップそして暑かったこともあって、思わず冷えたロゼワインを注文。ああ、ワインの誘惑に弱い私。

ボートシェッド・カフェ&ビストロのカウンターにはワインがずらり!<


そして、もちろん屋外のテーブルに着席。実際室内は上がガラス張りになっていることもありちょっと暑かったです。

ボートシェッド・カフェ&ビストロ ロゼワインとワカティプ湖 ボートシェッド・カフェ&ビストロテラス席からの眺め


行き来するボートや鴨を見ながらワインを楽しみました。もちろん美しい湖と山の風景もすばらしいですよ。クイーンズタウンのシンボルであるリマーカブル山脈がそびえています。

このカフェオープン当初から人気が高いです。

営業時間は月~水曜が朝7時から夕方5時までで、木~日曜は7時から夜22:00まで営業でディナーもとれます。

場所は、クイーンズタウンから車で7分ぐらいのところです。ウォーキングトラック(散歩道)沿いにあるので、散歩やジョギング、サイクリングの途中に立ち寄ることができますよ。

エクササイズのために散歩やサイクリングしているはずなのに、ワイン飲んでしまったら、あまりエクササイズにならないですよね。でも、一度味を占めてしまったので、通るたびに条件反射的に立ち寄ってしまいそうなのわ~るでした。