fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

ギブストンバレーの景色

[ 2012/08/31 ]
これが上空から見るセントラルオタゴ・ギブストンバレー地区です。ピノ・ノワールの産地は荒々しい岩山の谷間にあります。これらの谷間は氷河によって削られて造られています。1860年代には金が発見されゴールドラッシュで賑わいを魅せた地域なのです。ワイン造りには最適なミネラル豊富な土壌となっています。手前の雪で覆われている山の奥に私達が住んでいる町’クイーンズタウン’があります。(ニック)

ギブストンバレー
 

ギブストンバレー 
スポンサーサイト



秋の色

[ 2012/04/29 ]
ワインの葡萄の収穫時期。葡萄の葉だけが色づくのではありません!
見事な紅葉もこの時期堪能できます。
葉っぱの色づきが赤ではなく黄色く染まる方が多いので「黄葉(おうよう)」と呼んだほうがふさわしいかもしれません。
arrowtown.jpg

小高い丘からの眺めです。散策コースがあったので、登ってみました。
ここから見える景色の町はクィーンズタウンの街から車で15分ほどの隣町アロータウンです。
毎年、アロータウンではオータムフェスティバスが開催され秋の季節は特に賑わいます。
日本ではゴールデンウィークを迎える時期に、ここも異なる意味でゴールデンウィークを迎えます。

秋の爽やかな散策の後には、、やっぱり、セントラルオタゴのワインを飲みたくなってしまいます
さぁて、今夜は何を飲もう。

(Axx)

バノック・バーン地区

[ 2012/03/08 ]
2012年3月初旬の朝日を浴びるニュージーランド・セントラルオタゴ・バノックバーン地区の様子です。(ニック)

Central Otago Bannockburn 


Mt.Difficulty Wines Mansons Farm Vineyard







シドニーでベストピノ・ノワールに選ばれたボールドヒルズ

[ 2012/03/02 ]
去る2月25日、Sydney International Wine Competition 2012(シドニー・インターナショナル・ワイン・コンペティション2012年)の受賞式が行われました。

シドニー・インタナショナル・ワイン・コンペティション


その中で、ベストピノ・ノワールのトロフィーを獲得したのが、セントラルオタゴから参加のボールドヒルズのピノ・ノワール2009年です。

シドニー・インターナショナル・ワイン・コンペティション(以下SIWC)は、オーストラリア最大級の国際ワインコンクールで今年が31回目です。SIWCの目的の一つは、一般の消費者が日常の食事に合わせてワインを選ぶ際に参考となるような情報を提供することです。最終審査では、実際にワインと食事と合わせながら評価が行われます。

SWICへの登録ワインは、2004年以降、受け付け順に2000に限定しています。その中の20%が予選の段階で選抜され、この400ワインが”Finalist(ファイナリスト)”となります。

本選では、白ワイン、赤ワインをぶどうの品種というよりは、それぞれの味わいや重み、スタイルによってカテゴリーに分けます。たとえば、「ミディアムボディの辛口白ワイン」というカテゴリーには、ソーヴィニヨン・ブランもあれば、ピノ・グリ、セミヨン、シャルドネ、ヴィオニエも入っているという感じです。

そして、そのカテゴリーごとにそのワインのスタイルに合わせた食事と共に、最終審査が行われます。たとえば、、「ミディアムボディの辛口白ワイン」には、John Dory, Pea and Sorrel Sauce(マトウダイ、豆とソレルのソースがけ)を合わせたようです。

その結果、ファイナリスト中トップ1/4(100ワイン)には、”TOP 1OO(トップ100)”が、次の1/4には、”Blue-Gold(ブルーゴールド)”が、さらに次の1/4には”Highly Commended(高推薦)”の賞が与えられます。残りの1/4も、”Finalist(ファイナリスト)”として評価されます。さらに、24のワインには、トロフィーが与えられます。

そのトロフィーの一つである、ベストピノ・ノワールを獲得したのが、

BALD HILLS SINGLE VINEYARD’ CENTRAL OTAGO PINOT NOIR 2009
ボールドヒルズ ピノ・ノワール シングルビンヤード 2009

ボールドヒルズ シングルヴィンヤード ピノ・ノワール 2009 


ボールドヒルズ・ワインズの持ち主のBlar&Estelle Hunt(ブレア&エステル・ハント)が、最初にぶどうを植えたのは、1997年で、ファーストヴィンテージは2002年といったように新しいワイナリーなのですが、評価の高いワインを作りだしています。ピノ・ノワール2005年は、ロンドンにおけるInternational Wine Challenge 2007(インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2007)にて、4つのトロフィーを、Decanter World Wine Awards 2007(デカンタ・ワールド・ワイン・アワード 2007)にて、2つのトロフィーを獲得しました。

SWICには、初参加の2007年以降今までに5つの”ブルーゴールド”を獲得、そして、3回”トップ100”に選ばれています。そして、今回とうとうSWICでもトロフィー獲得となりました。ピノ・ノワール2010もブルーゴールドを受賞しています。

このボールドヒルズは、セラードアーを訪ねると、いつもブレアかエステルが出迎えてくれ、とってもアットホームなところです。私たちスタッフお気に入りのワイナリーで、ワイナリー訪問でご案内するワイナリーの一つです。今度訪れたら受賞した賞状およびトロフィーが飾られていることでしょう。

ボールドヒルズのセラードアー内に飾られた賞状の数々


全体では、セントラルオタゴの14のピノ・ノワール、1つのリースリングが受賞しています。

Pinot・Noir Wines (ピノ・ノワール ワインカテゴリー)
TOP 1OO(トップ100)
ALEXANDRA WINE COMPANY - DAVISHON PINOT NOIR - 2010
LOCHAR ESTATE - PINOT NOIR - 2010
Blue-Gold(ブルーゴールド)
BALD HILLS – SINGLE VINEYARD’ CENTRAL OTAGO PINOT NOIR – 2010
GIBBSTON VALLEY WINES – GIBBSTON VALLEY PINOT NOIR – 2010
DEVIL'S STAIRCASE - PINOT NOIR - 2010
KALEX WINES - PINOT NOIR - 2009
LOWBURN FERRY - HOME BLOCK PINOT NOIR - 2010
NANNY GOAT - PINOT NOIR - 2009
TIKI WINE - TIKI CENTRAL OTAGO PINOT NOIR - 2009
Highly Commended Wine(推薦)
WAIPARA HILLS WINE ESTATE - CENTRAL OTAGO PINOT NOIR - 2010
FORREST WINES - TATTY BOGLER PINOT NOIR - 2009
MONDILO VINEYARDS - PINOT NOIR - 2010
THREE MINERS VINEYARD - PINOT NOIR - 2010

Aromatic Wines(アロマティック ワインズ カテゴリー)
Blue-Gold(ブルーゴールド)
MONDILO - RIESLING - 2011


SWICについて詳しくは
http://www.top100wines.com/
ホームページには、コンペティションでワインに合わせた食事のレシピも載っていますよ。ワインに合わせた料理の参考にできます。