fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

ギブストン・バレー・ワインマッチング・ランチ

[ 2014/06/30 ]
6月20日に始まったウィンターフェスティバルも昨日29日で終了となりました。街やスキー場などでいろんなイベントが繰り広げられました。

最終日の昨日、イベントの一つに参加してきました。私が参加するイベントは、もちろんワインが関係しています。

それは、
Gibbston Valley Wine Matching Lunch「ギブストン・バレー・ワインマッチング・ランチ

ギブストン・バレー・ワインズのワインに特別に合わせたメニューが提供される3コースランチ。クイーンズタウンのヒルトンホテルのレストラン「ワカティプ・グリル」で開催されました。ワイン・メーカーも参加するので、解説もあるとか。

席にはメニューとグラスがセッティングされており、メニューを確認すると、3コースそれぞれにワインが付いているようです。
そのワインをさっと見てこれはすごい!と期待が高まりました

まずは、前菜 です。

ホタテ、チョリソーとリンゴのピューレ、キャベツとワサビ。 ギブストン・バレー チャイナ・テラス・シャルドネ2013


ホタテ、チョリソーとリンゴのピューレ、キャベツとワサビ。
合わせたワインは「チャイナ・テラス・シャルドネ2013」

このシャルドネは2012年までは、リザーブ・シャルドネと呼ばれていたものですが、シングル・ヴィンヤードであることを強調するために、2013年からは畑の名前(チャイナ・テラス)の名前が冠せられました。 そして2013年の干支である「蛇年」と大きく書かれています。
柔らかな樽と柑橘系の風味のワインと料理が良く合っていました

途中で、ギブストン・バレー・ワインズのチーフワインメーカーのクリスとアシスタント・ワインメーカーのマットが簡単にごあいさつ。

ギブストン・バレー・ワインズ ワインメーカーのクリスとマット


その後テーブルを回ってくれるのかと思ったらしっかり彼等もランチを楽しんでいました。

生演奏もあり、音楽を聴きつつ、おいしいワインとおいしいお食事。最高です。

主菜はお肉料理です。

5時間蒸し煮にしたビーフのリブ。パルメザンのポレンタ添え。 ギブストン・バレー グレンリー ピノ・ノワール2012


5時間蒸し煮にしたビーフのリブ。パルメザンのポレンタ添え。
合わせたワインは、「グレンリー ピノ・ノワール2012」
ボルドー用のグラスだったのがちょっと残念。

ゆっくりと調理したやわらかいビーフと、ハーバルでちょっといぶした感のあるピノ・ノワールがマッチしていました

そんな時に、ワインメーカーのクリスがやってきて、いきなりこの間○○にいただろーなんて話しかけてきた時に、ふと手元を見ればピノ・ノワール・グラスを持っているじゃないですか!!
思わず、やっぱりピノ・ノワール・グラスを使わないと、あなたのワインに対して失礼よね?と聞いたら、次はピノ・ノワール・グラスにしてもらいなよ~なんていいながら去って行きました。

そして、最後のデザート。

暖かいチョコレートとビートルートのケーキ、キルシュ・マスカルポーネ添え ギブストン・バレー スクールハウス ピノ・ノワール2012


暖かいチョコレートとビートルートのケーキ、キルシュ・マスカルポーネ添え
合わせたワインは 「スクールハウス ピノ・ノワール2012」
デザートにデザートワインを合わせるのではなく、果実味溢れるピノ・ノワールを合わせていました。

そのピノ・ノワールを、更に小さい白ワイン用のグラスを持ってきて注ごうとするので、思わずピノ・ノワール・グラスに入れてもらえないかなぁ?と聞いてしまいました。
いや~、デザートワインはこれにって言われているからと言われ、って、デザートワインじゃないじゃん!ワインメーカーのクリストファー・キースも勧めていたし、とむきになり、結局ピノ・ノワール用のグラスに入れてもらいました。
そしたら、アシスタントワインメーカーのマットがきて、ピノ・ノアール用のグラスをゲットしたね、よしよしなんて言いながら去って行きました。その彼の手にはボルドー・グラス。
どうやら、全員分のピノ・ノアール用グラスは用意できなかったようで、撮影用としてチーフ・ワインメーカーのクリスはピノ・ノワール用グラスを使っていたようです。

すいません。ワインに関してはどうしてもこだわってしまうので。。だって、せっかくならおいしく飲みたいじゃないですか?

おいしい食事とワイン、最高でした。
昨年もこのイベントはあったのですが、その時はワインよりスキー場へ行く方を選択した私でしたが、今年はこちらで正解
そして、6月中は雪が少なかったスキー場も、今週は雪予報が続いているので、これからは期待できそうですよ!明日から7月。冬本番です。(のわ~る)
スポンサーサイト



ウィンター・フェスティバル始まりました。

[ 2014/06/20 ]
いよいよ、今年もここクイーンズタウンにて、冬のお祭り、ウィンター・フェスティバルが始まりました。今回は、記念すべき40回目となります。

クイーンズタウン ウィンター・フェスティバル2014


街中のアーンスロー広場に設置されたステージにて、本日盛大にオープンニング・パーティが行われました。

クイーンズタウン ウィンター・フェスティバル2014 ステージ


開会宣言の後、地元のバンド等のライブ演奏が行われ、その前の広場ではモルドワイン(ホットワイン)を片手にライブを楽しむ人、出店の食べ物を楽しむ人などが大勢集まりました。本当に、身動きがとれないくらい人が集まり、いつのまにこんなに人が来ていたんだろうと思うぐらいでした。

そして皆の最大のお目当ては途中で上がる花火です! 今年もなかなか盛大にあがりましたよ。

クイーンズタウン ウィンター・フェスティバル2014 花火 クイーンズタウン ウィンター・フェスティバル2014 花火2


また、これも恒例となった、屋外スケート場も始まりました。夜のライトアップが素敵です。

クイーンズタウン ウィンター・フェスティバル2014 スケートリンク


あわせて街の中心の通りであるザ・モールもイルミネーションがきれいです。

クイーンズタウン ウィンター・フェスティバル2014 モールの様子


そして、街中のお店もウィンドーのディスプレーがフェスティバルモードになるところが多いです。 これはとある情報センターのショーウィンドー。

クイーンズタウン ウィンター・フェスティバル2014 ショーウィンドー


そして、これは史上初のことですが、ワカティプ湖沿いのビーチ傍にサイダーのバーが登場。サイダーというのは、いわゆるシードルのことでもちろんお酒。フェスティバル開催中の夕方はずっと楽しめるようです。これは絶対一回は行ってみなくちゃ。

ウィンター・フェスティバル2014 サイダーバー


そのかたわらには、この40年の歴史を物語る看板が立てられました。 これはひまがあったら読んでみようっと。

クイーンズタウン ウィンター・フェスティバル2014 40年の歴史紹介


これから来週末29日まで、様々なイベントが繰り広げられます。 このブログあるいは、フェイスブックで様子をお届けできるかな?

こんなに大勢人々が街に繰り出したのは、幸か不幸か、比較的暖かい夜だったからかも? 一方でスキー場の雪が心配になるのわ~るでした。

ウィンターフェスティバルの詳細はこちらから。

パイ&パイント・フェスティバル2014

[ 2014/04/28 ]
昨日は、アロータウン・オータムフェスティバルのイベントの一つであるパレードを紹介しましたが、続けてその翌日にもまたアロータウン・オータムフェスティバルの他のイベントに参加してきましたよ。それは、

Pie&Pint Festival 「パイ&パイント・フェスティバル」

パイントはビールをパブで注文するときの容量のことで中ジョッキぐらいの量かな。パイントすなわちビール、それも地ビールとパイのイベントです。どちらもニュージーランド人が大好きなものです。

昨年に続いて今年も行ってきちゃいました。ワインだけじゃなくて、ビールも飲むんですよ。アルコールですから?

前日はマーケットが出ていた広場が会場です。入り口で入場料10ドルを払いパイント・グラスを受け取ります。飲まない人は入場料5ドルです。中ではビールとパイなど食べ物は全てチケット制となっているため、さらに1枚2.5ドルのチケットを4枚単位で購入します。

パイ&パイント・フェスティバル 入り口 パイ&パイント・フェスティバル パイントグラスとチケット


ビールは試飲の量がチケット1枚(2.5ドル)、ハーフパイントが2枚(5ドル)、パイントが4枚(10ドル)、パイは一つ2枚(5ドル)となっていました。
去年は入場料10ドルにチケットが1枚ついていたことと、チケット1枚が2ドルだったこを思うとちょっと値上がりですかね?とりあえず1セット(4枚10ドル)購入して、今年はどんな感じかしらとふらふらと見て回ります。

参加していたブリュワリー(ビール醸造所)は全部で11か所。見たこともないところもありました。黒ビール好きの私は黒ビールを中心に試し飲みしてきました。

まずは、Cassels&Sons(カッセルズ・サンズ)
クライストチャーチから参加だそうです。ビールはMilk Stout(ミルク・スタウト)

カッセルズ・サンズ ミルク・スタウト


これが試飲の量です。コーヒーとチョコレートの風味を感じる、そしてクリーミーな黒ビールでした。私好み。おいしいどこで買えるのって思わず聞いたら、ボトル詰めはしていないので、パブで飲むしかないとのこと。クイーンズタウンではここだけと、後ろにあるパブを指さしました。そのパブは本イベントの主催者なので、ああ、そいうことかと納得。

次はKereru(ケレル)からCoconut Porter(ココナッツ・ポーター) 
ちなみにKereruはニュージーランド原生のハト、ウッド・ピジョンのこと。北島より参加です。
名前の通りココナツ風味を感じる黒ビールでした。

そうそうパイも食べなきゃと、ワイナリーで唯一参加していたWild Earth(ワイルド・アース)でオーナーのクインティンに挨拶がてらベニスン・パイ(シカ肉のパイ)を購入。ワイルド・アースのレストランは、古いワイン樽を使って調理するのが特徴なんですが、もちろんパイもワイン樽で調理していました。

ワイルド・アース 屋台 ワイルド・アース パイ


チョコレート風味のパイでした。黒ビールにぴったり!ビール飲みつつかぶりついていたら通りがかりの人にそれどこで買ったの?おすすめ?なんて聞かれて、あそこのワイルド・アースだよ!バレルで調理しているからちょっと燻製の風味がして美味だよ!とお店の宣伝。よっぽとおいしそうに見えたに違いない

追加でチケットを購入し(やっぱり足りなかったね)さらにいくつか試し飲み。
Bannockburn Brewing(バノックバーン・ブリューウィング)よりKillarrabbit(キラーラビット)。

バノックバーン・ブリューウィング キラーラビット


名前の通りセントラルオタゴはバノックバーンからの地ビールです。ビールはこのキラーラビットの一種類のみ。このIPA(インディア・ペール・エール)はピノ・ノワールの樽で発酵させているそうです。ホップの風味を強く感じますがさわやかなビールでした。近々クイーンズタウンに醸造所造るらしい。楽しみだなぁ。


今年から新しく設けられた、マスタークラス(専門家によるお勉強会ね)に参加してみました。昨年はなかったものだし、ワイン関係のマスタークラスには参加してことがあっても、ビールのマスタークラスは参加したことがなかったので、試しに参加。
ビールとチョコレートのマッチングと、ビールとウィスキーのマッチングと2クラスあったのですが、後者は既に満席。ウィスキーよりチョコレートに興味がある私は喜んで前者の方に参加してみました。
ビールのことはほとんど何も知らない私、なにかしら勉強になればなんて思ったのですが、単なる雑談に終わっていた感じがします。
でも、むさくるしいおっさんたちがチョコレートを前にちょこんと座って話を聞いている様子は笑えましたチョコレート食べて、おいしいビール飲めたのでよしとしましょう。

マスタークラス ビール&チョコレート マッチング


今年3回目の本イベント、どうやら定着しそうな様子です。
去年とパイントグラスが同じだったので、来年持っていったら入場料5ドルで済むのかなと思っているのわ~るでした。

アロータウン・オータム・フェスティバル今週末まで開催です。

アロータウン・オータムフェスティバル2014

[ 2014/04/27 ]
今年もアロータウン・オータムフェスティバルが始まりました

アロータウンは、クイーンズタウンから車で約20分の距離に位置する、ゴールドラッシュ時代の面影を残す街です。また秋にはその黄葉の美しさでも知られている街です。そのアロータウンにて毎年黄葉の見頃となるこの時期に行われる本イベント、昨年も紹介しましたが、今年は記念すべき30回目となります。
4月24日に始まり、来週末5月4日までの10日間にわたり、アロータウンにて様々な催し物が繰り広げられます。

その中でも、やっぱりこれを見ないと始まらないというフェスティバル・パレードを昨日見て参りました。

ここのところ毎日のように雨の予報が続いているクイーンズタウンですが、昨日は良いお天気となりパレードを見にたくさんの人が来ていましたよ。

気になる黄葉の方は、今年はちょうど見頃か、見頃をちょっとすぎたぐらいでしょうか。特に前日は土砂降りとなってしまったため、若干散ってしまった感じもしましたが、きれいでした。こちらアロー川沿いの柳の木が黄葉している様子です。

アロー川沿いの黄葉の様子


まずはこれまた恒例のマーケットをぶらぶらと見物&お買い物。

アロータウン・オータムフェスティバル マーケット


そしてパレードを見るための場所取りをした後、お待ちかねのパレードが始まります。

まずは、ヴィンテージ・カーのパレードです。乗っている人も結構ヴィンテージ

アロータウン・オータムフェスティバル ビンテージカー・パレード1 アロータウン・オータムフェスティバル ビンテージカー・パレード2


そしておなじみバグパイプの演奏にてパレードがスタート。

アロータウン オータム・フェスティバル パレード1


子供たちが乗った山車等が続きます。

アロータウン オータム・フェスティバル パレード4 アロータウン オータム・フェスティバル パレード6


これまたおなじみ、アロー・マイナーズ・バンドや、カンカン娘も登場します。

アロータウン オータム・フェスティバル パレード2 アロータウン オータム・フェスティバル パレード3


そのほか、自転車(に乗った子供たち)のパレードや、(人間に連れられた)犬達など動物のパレードなどもあり、最後は消防車で終了。 そういえば今年はサイレン鳴らしていなかったな?

アロータウン オータム・フェスティバル パレード5


いやぁ、実に例年と変わらない内容でしたねぇ。30周年ということで特に派手になるわけでもなく、このマンネリな感じが地元の人には安心感を与えて受けているのかもしれないと思いました。

本フェスティバルは、5月4日まで様々なイベントが繰り広げられます。クイーンズタウンにいらっしゃる人は、予定をチェックしてみたらいかがでしょうか。黄葉もまだまだきれいですよ!ワイナリー訪問もお忘れなく。 アロータウン・オータム・フェスティバルのサイトはこちら
http://www.arrowtownautumnfestival.org.nz/

クライド・ワイン&フード・ハーベスト・フェスティバル2014

[ 2014/04/21 ]
毎年恒例のクライド・ワイン&フード・ハーベスト・フェスティバル(Clyde Wine and Food Harvest Festival)が、昨日イースター・サンデーに予定通り開催されました。

クライドはセントラルオタゴに位置し、クイーンズタウンから車で約1時間の街です。ワイナリー訪問では通常訪れない地域ですが、数々のヴィンヤードが広がり、ワイナリーがあるところです。そしてほとんどのワイナリーにはセラードアーがないため、なかなかこの地域のワインを試す機会がありません。

そして、お酒の販売が禁止されているイースター・サンデーに堂々とワインを買って飲める本イベント、参加しないわけにはいきません。昨年に続き今年ももちろん行って参りました。

今一つの天気予報だったのですが、乾燥していて寒暖差が激しいクライドだけあり、晴れ間も出てちょっと夏を思わせる陽気になりました。

入り口で入場料を払いテイスティング・グラスを入手。入場料は昨年より5ドルあがり、入場のみ15ドル、グラス付き20ドルでした。グラスを入手しないとワインを購入できないので、もちろん20ドル支払って入ります。

今年も賑わっていました。

クライド・ワイン&フード・ハーベスト・フェスティバル2014


ワインはテイスティングサイズ(約30ml)かグラスサイズ(約100ml)が選べ、料金はワイナリー、ワインによって異なります。テイスティングサイズはだいたい3ドル~6ドル。昨年と違う点がありました。昨年はボトルでの購入も可能で、その辺の芝生などで飲むことができたのですが、今年はボトルは持ち帰りのみの販売に制限されていました。おまけに、番号札をもらって最後に出口で受け取るしくみ。昨年、酔っぱらいの問題がそんない多かったのだろうか?
私は、いろんなワインを試すのが目的ですからいいんですけれどね。おまけに購入したワインを持ち歩かなくてよかったので、好都合だったかも。いや、買いすぎてしまいそうでこれは危険なしくみかも

今年は23のワイナリーが参加。全部回るのは無理ですからセラードアーがないワイナリーや昨年は回らなかったところを中心に回ってみました。

いくつか紹介です。
WEVER(ウィーバー)

WEVER(ウィーバー)


ウィーバー家による家族経営の会社。以前から注目しているワイナリーです。セラードアーはあるのですが夏季のみでなかなか立ち寄ることはできません。
写真の女性はオーナーの一人のリズ・ウィーバーさん。ワインは、娘さんのジェス・ウィーバーさんが造っています。今は、クロムウェルのVinProというワインを請け負って造っている会社にて造っているそうですが、そのうち、自社ワイナリーで造るようになるのかもしれませんね。
昨年は立ち寄らなかったので今回は立ち寄ってピノ・ノワールを試し飲み。 きれいなルビー色でハーブとスパイスいっぱいですがエレガントな感じのピノ・ノワールでした。

Perseverance (パーシビアンス)

Perseverance (パーシビアンス)


この間開けたピノ・ノワール2008年がおいしかったのでピノ・ノワール2011を試し飲み。
チェリーやプラムの果実、スパイスそしてちょっとバニラを感じるピノ・ノワールです。 数年置いたらさらにおいしくなっていそうです。

Radka Estate(ラドカ・エステート)

Radka Estate(ラドカ・エステート)


ちょっと記憶になかったのできいてみたら1995年からぶどう作りしているのよっということでした。名前Radkaはちょっと変わっているなと思ったらもともとはポーランドの名前だそうです。今朝採ってきたきたというピノ・ノワールのぶどうを食べさせてくれました。収穫は火曜日だそうです。クライド、アレクサンドラ地区は収穫がほとんど終わりのようですね。
ピノ・ノワールは、タイムなどのハーブのほか果実味もありやや軽めで飲みやすいワインでした。

Judge Rock(ジャッジ・ロック)

Judge Rock(ジャッジ・ロック)


白を基調にしたラベルから黒を基調にしたラベルに変わっていました。評判が高くなるのに合わせてちょっと高級感を持たせるようにしたのかな?とちょっと思ってします。まあ前のラベルはちょっとつまらなかったですからね。
ここは、ピノ・ノワールだけではなく、St Laurent(セント・ラウレント)の品種も造っています。 味わいはピノ・ノワールににていますが、もっと素朴で力ずよさを感じさせるワインでした。

Two Paddokcs(ツー・パドックス)

Two Paddock Pinot Noir 2011


今年もオーナーであるハリウッドスターのサム・ニール氏に出会うことができませんでした。残念。ボトルにサインを入れてもらう夢はいつかなうのかな?
ピノ・ノワール2011を試し飲み。2011年からラベルのデザインが少し変わったようです。ブラックチェリーなどの果実やスパイスの香り。フレッシュで凝縮感のあるワインでした。

その他に参加していたワイナリー
Greylands Ridge
Black Ridge
Three Miners
True Colours
Grasshopper Rock
Aravin
Hinton Estate
8 Ranges
Drumsara Wines
Learning Rock

毎年酔っぱらって後半は味がわからなくなってしまうので、今年は基本的にピノ・ノワールにしぼって試飲してみたのですが、やっぱり全部回るのは無理だなあと思ったのわ~るでした