fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

クイーンズタウンに雪が積もりました!

[ 2014/05/26 ]
雪です!ここクイーンズタウン本格的に雪が降りました。

昨日、昼間の雨が夕方には雪に変わり、その後一晩中雪が降りつづた模様で、今朝妙に静かで目が覚めたら一面銀世界でした。 庭にも15~20センチぐらい積もったかな。

雪が降った朝の模様


最近ちょくちょく山の上には雪が降っておりましたが、街中まで降ったのは今シーズン初です。 湖畔沿いの黄葉した柳が寒そうです。

湖沿いの小道にも雪が


ブログでもしばしば書いていますが、スキーリゾートとはいっても街中まで(海抜約320m)まで雪が降り積もることは年に数回あるかどうかいうクイーンズタウンです。
ですので、住んでいる人は雪に慣れていない人ばっかりです。例のごとく路線バスはお休み、学校もお休みで子供たちは大喜びだったようです。ついでに仕事も自主的にお休みだった人も多いことでしょう。
オープン前のスキー場にかけつけて滑りを楽しんだ人もいたに違いありません。

道路わきにはすべってそのまま放置された車も。これも毎度の光景です。まあ、大きな事故はなかったようなのが幸いです。

道路わきに乗り捨てられた車


もともとの予報では今日の午後まで雪が降り続く予定だったのですが、午前中には降りやみ晴れ間もちょっとでました。

晴れ間が出た時の雪景色 桟橋の風景


なにやら遊覧船は大盛況だったようですね。

晴れ間が出た時の雪景色 セシルピーク&遊覧船


このまま本格的にスキーシーズン突入となるのでしょうか??さ来週末スキー場オープンの予定です。

こんな日は暖炉のそばでやっぱり赤ワインだねと思うのわ~るでした。
スポンサーサイト



南半球は夏至です

[ 2013/12/22 ]
本日12月22日、日本は冬至で、一番夜が長い日でしたね。こちらニュージーランドは季節が逆となる南半球ですから夏至となっています。

夏至は、こちらでは一般的に「Longest Day」、すなわち、そのまま「一番長い日」と呼ばれています。

ここクイーンズタウンはニュージーランドの中でも南に位置するため特に日が長く、今日は日の出が5:50am、日の入りが9:37pmとなっていました。ちなみに、北島のオークランドは、日の出5:59am 日の入り8:40pmで、1時間ぐらい短いんですよ。

さらに今日は、お天気にも恵まれ日曜日ということもあり屋外で夏を満喫している人が多かったようです。気温は最高気温17度とやや低めでしたが、日差しが強い分日向はとても暑かったです。

夏至のクイーンズタウン


日の入りが9時半ごろということは、夜10時でもまだほんのろ明るい。本当に真っ暗になるのは11時回ってからでしょうか。

この時期の暗くなってからのお楽しみの一つはクリスマスの飾り付けです。
街中のクリスマスの飾りはいまいち盛り上がりませんが、一般家庭の中ではここぞとばかり装飾に凝る人たちもいます。
お庭中を飾ったり、家全体を飾ったりと様々に工夫をこらしていますよ。なんかディズニーランドみたい夜が短いだけに、電気代がもったいない!なんて言う人もいないんだろうな。

一般家庭のクリスマスのイルミネーション


クリスマスも目の前ですね。前回紹介したヘリテージホテルの屋根のサンタさんが煙突に近づきました。(のわ~る)

ヘリテージホテルのサンタさん


ギブストン・バレーの絶景ポイント

[ 2013/03/27 ]
今日は、セントラルオタゴ・ワインの聖地であるギブストン・バレーが見下ろせる絶景ポイントに行ってきました。
そこからの眺めはほんとに絶景なんです。畑マニアにとってはかなり最高な場所です。その場所とはMT.ROSA(マウント・ローザ)標高1322mの山です。それでは、そこまでの道のりを紹介しましょう。

まずギブストン・バレーのコールピットロードを登っていきます。ここから先は砂利道でわだちも深いため、かなり車高が高い4WD車でないと車が壊れる恐れがあります。という脅しの標識が見えてきます。そんな馬鹿な!と思いながらも、その傍らの車が止められるスペースにきっちりと駐車しました。その辺は安全第一ですからね。その場所の標高は560mぐらいです。そこからひたすら歩いて登っていきます。40分も歩くとこの看板が見えてきました。

コールピット看板 

振り向くと結構高い場所まで登ってきています。

コールピットロード 

そこから更に1時間歩くと目的の場所に到着です。

どうですか!この景色!!

マウント・ローザ山頂から 

 
ずっと見ていました♪

さて、下山します。

そのまま反対側まで歩いていきます。
 

振り返ると降りてきた道が見えます。かなり下ってきました。
下山 

今度は違う角度からギブストン・バレーが見えてきました。
ここからの景色もなかなかいいですね。

ギブストン・バレー 

手前の小高い山の右側のふもとにマウント・ローザワイナリーとブレナン・ワイナリーがありますよ。

この山は牧場なのでこんな姿も見かけます。
羊 

そして、途中この周辺で一番の高さを誇るネイビス・バンジージャンプも見えました。高さは134mです。ここはまだ試したことのないバンジージャンプです。見てるだけでもゾクゾクします。

ネイビス ネイビス・バンジージャンプ

そこを過ぎると一面に野バラが広がっている道にでます。

ブライヤー・ローズ 

そして、ようやくこのトラックのゴールが見えてきました。
歩き始めてから4時間が経過しています。

終点 

ここから車を止めている場所まで歩いて戻ります。
国道6号線沿いにギブストン・バレーまで歩きます。
ここから100キロ道路沿いを歩くのでかなり度胸がいります。

ギブストン・バレー 

そして、ギブストン・バレーに戻ってきました。
この目の前の山がマウント・ローザです。
山の右から左に尾根に沿って歩いて下りてきました。

ピノ・ノワール 

ピノ・ノワールです。美味しそう♪

マウント・ローザワイナリー ブレナン・ワイナリー
マウント・ローザワイナリー、ブレナン・ワイナリーを通りすぎて歩いていきます。
時刻は5時を過ぎていたので2つともクローズしていました。残念!

牛 

途中、牛達の視線を感じながら更に歩いていきます。
そして、ようやく車に到着です。走行距離22キロ、約5時間歩きました。
ギブストン・バレーを上から見下ろし、そしてワイン畑の中を歩いて最高な一日でした。
(ニック)


ワイン持ち寄りでのホームパーティ

[ 2012/02/17 ]
今日は、友人宅でホームパーティがありました。
一人一品づつ持ち寄りでのパーティです。飲み物も各自持参。

ホームパティの料理


料理もワインも最高!
ついつい、箸もすすむし、ワインもすすむというものです。

飲んだワインのいくつか

MOJO Shiraz 2010 Barrosa Valley Australia
モジョ シラーズ 2010 バロッサヴァレー オーストラリア

Framingham Pinot Gris 2009 Marlborough
フラミンガム ピノ・グリ 2009 マルボロー
 
MOJO SHRAZ 2010  フラミンガム マルボロー ピノ・グリ2009


Gibbston Valley Gorld River Pinot Noir 2008
ギブストンヴァレー ゴールドリバー ピノ・ノワール 2008

私が持参したのは、
VALLI Bannockuburn Pinot Noir2009
ヴァリ バノックバーン ピノ・ノワール 2009

ギブストンバレー ゴールドリバー ピノ・ノワール 2008 ヴァリ バノックバーン ピノ・ノワール 2009



みんなおいしかったです
味わいについては、また改めて報告します。(き)

ワカティプ湖畔でバーベキューパーティ

[ 2012/02/02 ]
今日は、クイーンズタウンのワカティプ湖畔でバースディ・バーベキューパーティでした。今週末誕生日の3人を祝うためのパーティーです。

ワカティプ湖畔沿いには、薪さえ持ってくれば(あともちろん食料ね)誰でも使えるバーベキュー台があります。お天気のいい日は場所取り合戦となる時もありますが、今日は、5時ぐらいからバースディーの主役たち自ら場所取りのおかげで、街から徒歩3分のところのバーベキュー台を確保。その後、それぞれ仕事を終えた順に人が集まってきて総勢20人ぐらいのにぎやかなパーティでした。

湖畔でバーベキューパーティ 湖畔のバーベキュー台



風もなく暑すぎもせず寒すぎもせずのおだやかな気温で屋外バーベキューするのに丁度よいお天気でした。旅行者もよく通る位置なのでみんな興味しんしんの表情やうらやましそうな表情で通り過ぎていくのもおもしろい!話しかけてくる人も結構いますよ。ちょっと残ったソーセージは1ドルで売ったら売れそうなんて思ったり。そして道路のすぐそばですから車で通り過ぎる知り合いには大きく手を振ってアピールしたり(何を?)。バーベキュー以外にもお楽しみがあります。

そして私が持参したワインは、
Te MATA Estate Merlot/Cabernets Woodthorpe Vineyard 2009
「テ・マタ エステイト メルロー/カベルネ ウッドソープ ヴィンヤード 2009」

テ・マタ エステイト メルロー/カベルネ ウッドソープ ヴィンヤード 2009 テ・マタ エステイト メルロー/カベルネ ウッドソープ ヴィンヤード 2009



このワイナリー「テ・マタ」は、ニュージーランド北島のHawkes Bay(ホークスベイ)にあります。お手頃価格ワインから高級ワインまで幅広くワインを造っているワイナリーです。この「ウッドソープ ヴィンヤード」シリーズはお手頃価格ワインの一つです。

いつもセントラルオタゴのピノ・ノワールばかり飲んでいるので、ちょっと違うものを、と思いボルドーブレンドワインを選んでみました。

味わいはプラムやチョコレート、ブラックカラント、スパイス。ジューシーで飲みやすいワインでした。バーベキューと合わせておいしかったです。

バースディパーティですから、もちろんケーキもありました。

手作りバースディケーキ


そして夕焼け。これは日が沈んだ直後9時半ごろの写真です。

夕焼け


この夏はあと何回ぐらい屋外でバーベキューできるのかな?(き)