fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

小腹が空いた時に立ち寄れるパブ『ピッグ&ホイッスル』

[ 2012/05/10 ]
ピッグ&ホイッスル・パブ~イギリスパブ~『The Pig&Whistle pub 』は毎週木曜日限定!ランチ時間に関係なく営業時間内にステーキ&エッグ&ポテトがNZ$10で食べることができます。ちょっと小腹がすいた時に立ち寄れるバー&レストランです。
The Pig&Whistle pub 昼間  看板

店内は1階と2階があり豪華な家の中の様な感じです。

店内 

早速!お目当てのNZ$10ステーキを注文
今日はアルコールを控えてジンジャービールにしました。

ステーキ&エッグ&ポテト  ジンジャービール
このメニューにはソースが付いてないので塩、胡椒をふりかけ卵をソース代わりにして食べました。
まあ 小腹が空いた時には気軽に注文できていいメニューかな。

暗くなると照明でこんな感じになります。

The Pig&Whistle pub 夜

場所は、クイーンズタウン中心部バララット・ストリート(Ballarat ST)にあります。
営業時間は、毎日11時~ミッドナイトまでです。(ニック)




スポンサーサイト



お勧めのパブ~クイーンズタウン in ニュージーランド~

[ 2012/05/04 ]
手軽なお値段でBeefが食べたくなった時のお勧めパブはPOG MAHONE'S~IRISH PUB QUEENSTOWN NZ~(ポグ・マホンズ~アイリッシュパブ)です。毎週月曜日は営業時間中にストーングリル(Stonegrill)と付け合せとソースがNZ20ドルで食べれます。

ギネス・ビール 
まずは、アイリッシュ・パブなのでギネス・ビールで乾杯

すばらくするとお肉がきましたよ。

Stonegrill~フィレ肉です Stonegrill~フィレ肉です
フィレ肉にサイドメニューにポテトとサラダをそれぞれ選びました。
200gなのでボリューム満点です。

ストーングリルは自分の好みの焼き加減で食べれるのが素敵ですね。でここからが本番です。

Stonegrill~フィレ肉 
肉を開いて焼きます。いい香りがしてきました。熱々のお肉が食べれるのが最高

Stonegrill~フィレ肉 

めちゃめちゃうまい!幸せ

Rees Street  Rees Street

ポグ・マホンズ~クイーンズタウン店は、リース・ストリートのBNZ銀行の向かい側にあります。営業時間は、毎日午前11時30分~夜遅くまでなので、お昼や夕食に是非行ってみてくださいね。(ニック)

1876  バー & レストラン

[ 2012/01/27 ]
先日ビールを飲みに行ったバー”1876 Bar & Restaurant(1876バー&レストラン)”の紹介。

まあ、たまには、特に暑い時は、やっぱりビール飲みたくなるのです。ニュージーランドは、ワインだけじゃなくてビールもおいしいですからねえ。特に屋外で飲むビールが。
ここのバー、最近持ち主が変わってから飲みに訪れていなかったので、行ってみました。

クイーンズタウンのバー ”1876バー&レストラン”


このバーの建物は、クイーンズタウンで最も歴史的な建物の一つです。名前の通り1876年にCourthouse(裁判所)として建設されました。当時クイーンズタウンはゴールドラッシュで賑わっていたのですが、無法地帯だったのを改善するために裁判所が建設されたのです。

1876バー&レストランとジャイアント・セコイア

傍らの大きな木は、1877年に植えられたジャイアント・セコイアです。アメリカの習慣にならって、証人達が出番を待つ間に日よけを提供するために植えたものです。今は、この建物と合わせてクイーンズタウンの象徴的な木となっています。訪れた方は、みなさん、大きいなあ~と、見上げて感動しますね。

バーの入り口の上には、
1876バー&レストランの入り口

地方裁判所
出生
死亡
結婚


そしてバーの中には、裁判台が今でもあります。

1876バー&レストラン内の裁判台

「1876バー&レストラン」の名前は持ち主が変わった時に、一般公募して付けた名前です。ちなみに名付け親は、クイーンズタウンに住む日本人女性でした。。私個人的には、以前の名前”GuiltyBar(有罪バー)”の方が好きだったかな? 今のガイドブックには、ギルティ・バーの方でのっていると思います。名前と合わせて内装も変わりました。前は、”バー”だったのが、名前の通りちょっとレストラン風になりましたね。ちょっと小洒落た感じ。天気が良かったせいで誰も座っていませんでしたが。きっと、これからも思わず「ギルティーに飲みに行こうよ!」って、つい前の名前で呼んじゃうんだろうな?

外の席は遅くまで日があたり、屋外でビールを飲むのに最高なロケーションです。

頼んだのは、今日のスペシャル。スペアリブ
このスペアリブとビールで$20でした。その他、カラマリ(イカ)と、定番のチップスをオーダー。

1876バー&レストラン スペアリブ 1876バー&レストラン チップスとカラマリ



なかなかおいしかったですよ。
ビールの写真は失念しました ワインの写真は撮り忘れないのに

クイーンズタウンにいらっしゃったら、天気の良い日にぜひビールを飲みに行ってみてください。 (き)




真夏のクイーンズタウン パブでビールと昼食

[ 2011/12/13 ]
クイーンズタウン今日は真夏でした。日中最高気温は26度。夏でも、日中の平均的な最高気温が20度前後というクイーンズタウンですから、これは暑かったです。

真夏のクイーンズタウン


日差しが強いだけに日向は結構暑いでのですが、通常は日陰に入るとひんやりとして、長袖が必要だったりするのですが、今日は日陰でも暑かったです。

そういう暑い日は、きりっと冷えたワインもいいですが、やっぱりビールということで、昼食を兼ねてビールを飲みにパブに繰り出しました。(もちろん、仕事中じゃないですよ!)
場所は、Pig&Whistle(ピグ&ホイッスル)。クイーンズタウンでは老舗的なイギリスパブです。

ピグ アンド ホイッスル パブ


スペシャルランチメニューの一つ、bangers&Mash(バンガーズ アンド マッシュ):$7.5(約450円)と、ビールはピルスナーをオーダー。

ピグ アンド ホイッスルの ピルスナー


バンガーズ アンド マッシュは、イギリスのパブなどで出される定番のメニューで、ニュージーランドでもよくあるパブメニューです。

バンガーズ(Bangers)はソーセージのことで、フォークなどで皮に穴を開けずに加熱すると、バンと音を立てて(bang)破裂することから、こう呼ばれているそうです。マッシュ(Mash)はマッシュポテトのことです。
もともとは、戦時中の配給食だったとか。

バンガーズ アンド マッシュ


マッシュポテトの上に焼いたソーセージを乗せてたっぷりグレイビーソース(肉汁のソース)をかけるだけという、シンプルなお食事ですが、それだけに、ソーセージの品質やグレイビーソースの味わいがとても重要です。

このメニュー、あまりヘルシーな食事ではないですが、ときたま妙に食べたくなるメニューです。

ソーセージの皮がパリッと揚がっていてとてもGOOD。グレイビーもおいしかった。


ついつい2杯目のビールを頼むときには、もう一品オーダー。カラマリ(イカ)です。香辛料のきいた衣が、カリッと揚がっていて、中のイカもやわらくて、これはヒット

カラマリ イカフライ


平日の昼間、いい時間を過ごさせていただきました。いつまでこの暑い夏が続くのかわかりませんが、短い夏をたのしまなくちゃね!

次回は、湖畔で、ロゼワインの予定。  (き)