fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

シップレックベイ メルロー カベルネ・フラン マルベック 2007

[ 2012/05/31 ]
本日のワインは、ニュージーランド最北端のワインの産地、ノースランド地方のワインです。その中でもニュージーランドで2番目に北にあるワイナリーのオカフ・エステート(Okafu Estate)のセカンドラベル『シップレックベイ』の赤ワインです。

DSCF1005_convert_20120531144700.jpg DSCF1006_convert_20120531144807.jpg

ワイン名 シップレックベイ メルロー カベルネ・フラン マルベック 2007
ワイナリー名 オカフ・エステートヴィンヤード&ワイナリー(Okahu Estate Vineyard & Winery)
所在地 ニュージーランド 北島北部さらに北 ノースランド地方
ぶどう産地 ニュージーランド 北島北部さらに北 ノースランド地方
品種 メルロー カベルネ・フラン マルベックのブレンド (赤ワイン)
生産年 2007年
アルコール度数 12%
熟成 不明
タイプ ミディアムボディー  
販売価格 NZ15ドル



 濃いルビーカラー
 濃厚なカシス、ラズベリー、ブルベリーなどの果実にハーブや草などの要素が混じっています。特にヨモギのような香りが時間の経過とともに広がってきます。
 果実味は豊かで、酸味とタンニンは穏やかです。全体的な印象は、ふくよかでなめらかな味わいです。甘いベリー系の果実とハーブの甘さが口の中で心地の良いハーモニーを見せてくれます。その中にほんの一瞬だけ渋みのアクセントが現れます。このワインをブラインドで飲んだのですが、はじめはセントラルオタゴ地方のベンディゴ地区のピノ・ノワールと間違えるほどピノ・ノワールぽい味わいでした。残念ながらブラインド・テイスティングでこの品種を言い当てられませんでした。次回は当てますよ。今回も美味しいワインでした。(ニック)
スポンサーサイト



今日の写真

[ 2012/05/31 ]
早いもので今月も31日ですね。写真はニュージーランド・南島・クイーンズタウンにある象徴的な山!リマーカブルズ山脈の午後5時ごろの様子です。この時期の日の入り時刻は午後5時12分となっています。これから徐々に夕日を浴びて真っ赤に燃え上がろうとする直前の写真です。


午後5時頃のリマーカブルズ山脈 

月も昇ってきました。写真はやはり午後5時ごろのものです。月の出は、午後2時頃になっています。月の見え方も南半球と北半球とでは、違って見えるようです。北半球の皆さん。月はどんな風に見えていますか?(ニック)

月 

モートン・エステート ホークスベイ ブラックラベル シャルドネ 2007

[ 2012/05/30 ]
本日のワインは、ニュージーランドのシャルドネの代名詞と言われるぐらいのワイナリー『モートン・エステート・ワインズ』のブラックラベル・シャルドネ2007です。モートン・エステートの2007年ヴィンテージは、2002年以来、最高のシャルドネが造られた年です。

モートン・エステート ブラックラベル シャルドネ 2007 モートン・エステート ブラックラベル シャルドネ 2007

ワイン名 モートン・エステート ブラックラベル ホークスベイ シャルドネ 2007 
ワイナリー名 モートン・エステート・ワイン(Morton Estate Wines Ltd)
所在地 ニュージーランド 北島北部 ベイ・オブ・プレンティー
ぶどう産地 ニュージーランド 北島東部 ホークスベイ地方
 自社畑(Kinross and Riverview Vineyard)
品種 シャルドネ 100%(白ワイン)
生産年 2007年
アルコール度数 14.1%
熟成 100%フランス樽 で11ヶ月熟成 (新樽90%)
タイプ ミディアムボディー  
飲み頃 2012~2014年
販売価格 NZ35ドル


モートン・エステート ブラックラベル シャルドネ 2007


 黄色帯びた麦わら色
 ほろ苦く、クリーミーなローストナッツの香りに、ほのかなストーンフルーツの果実のハーモニーがどこまでも広がっていきます。
 まず感じるのは果実味溢れるというよりは、香りと同じように、ほのかなピーチやネクタリンなどのストーンフルーツ系の味わいです。この果実味にクリーミーなローストナッツと心地の良い苦味が続きます。90%新樽を使用している為、強い樽の香りに対して少し穏やかな果実味に感じます。でもこの二つのバランスがよくとれているのです。熟成の結果、果実味が抑えられている感はありますが、おそらくよく熟した質のよい葡萄を使用している為、ほぼ新樽ですが全体的にまろやかに仕上げられています。余韻はトウモロコシやポップコーンの焼けた味わいがいつまでも鼻こうや口の中に残ります。(ニック)

アカルア セントラルオタゴ ピノ・ノワール 2010

[ 2012/05/29 ]
本日のワインは、バノックバーン地区からアカルアのピノ・ノワール2010です。

アカルア ピノ・ノワール2010 アカルア ピノ・ノワール2010


ワイン名 アカルア セントラルオタゴ ピノ・ノワール 2010
ワイナリー名 アカルア・ワイナリー(Akarua Winery)
所在地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方 バノックバーン地区
ぶどう産地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方 バノックバーン地区
品種 ピノ・ノワール 100%(赤ワイン)
生産年 2010年
アルコール度数 14.5%
熟成 100%フランス樽 で10ヶ月熟成 (新樽30%)
タイプ フルボディー  
飲み頃 2012~2015年
販売価格 NZ40ドル

色 明るく濃い澄んだルビーカラー

香 リキュールチョコレート~チェリー風味~
味 チェリー、プラム、カシスと甘い果実のオンパレードです。森を感じさせるニュアンス、そして酸味、甘味、タンニン、アルコールのボリューム感と全てのバランスがとれています。すごく上品な味わいです。(ニック)

ウォルフ・ブラス イエローラベル サウス・オーストラリア カベルネ・ソーヴィニョン 2010

[ 2012/05/28 ]
今日は、お隣の国のオーストラリアワインです。ニュージーランドのスーパーマーケットのワイン・コーナーは約90%がニュージーランドワインで占められています。残り10%がオーストラリアワインなのです。その中でも比較的お手軽な価格で買うことができるオーストラリアワイン『ウォルフ・ブラス・ワインズ』のワインです。その中でもさらにお買い得なラベル『イエローラベル』のカベルネ・ソーヴィニョンを飲んでみました。

ウォルフ・ブラス カベルネ・ソーヴィニョウン2010
 ウォルフ・ブラス カベルネ・ソーヴィニョウン2010

ワイン名 ウォルフ・ブラス イエローラベル サウスオーストラリア カベルネ・ソーヴィニョン 2010
ワイナリー名 ウォルフ・ブラス(Wolf Blass Wines)
所在地 オーストラリア サウス・オーストラリア
ぶどう産地 オーストラリア サウス・オーストラリア
品種 カベルネ・ソーヴィニョン 100%(赤ワイン)
生産年 2010年
アルコール度数 13.5%
熟成 フランス樽とアメリカ樽
タイプ ミディアムボディー
飲み頃 2012~2015 
販売価格 NZ20ドル (スーパーマーケットの安売り価格でNZ$11.99で購入)


ウォルフ・ブラス カベルネ・ソーヴィニョウン2010 

色 濃い紫色のルビーカラー
香 果実味溢れる黒い果実
味 これでもか!と言わんばかりに口いっぱいに広がる濃厚なカシスの味わいです。それに対して少し控えめな酸味と穏やかなタンニンが若いワインを気軽に飲めるようにしています。余韻は少しだけ苦味が残りますが、それよりもバニラの甘さのほうがずっと長く残ります。果実味溢れる黒い果実と樽の甘さがお肉料理の甘味をさらに引き立ててくれそうです。あまり樽の香りが強くないのでカベルネ・ソーヴィニョンの果実味を素直に楽しめるワインです。(ニック)