fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

ギブストンバレー セントラルオタゴ ピノ・ノワール 2010

[ 2012/07/31 ]
ギブストンバレー・ワイナリーの主力のピノ・ノワールです。

ギブストンバレー セントラルオタゴ ピノ・ノワール 2010
 ギブストンバレー セントラルオタゴ ピノ・ノワール 2010

ワイン名 ギブストンバレー セントラルオタゴ ピノ・ノワール 2010
ワイナリー名 ギブストンバレー ワインズ(Gibbston Valley Wines )
所在地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方  ギブストン地区
ぶどう産地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方 ベンディゴ地区 標高220m~350mのそれぞれの自社畑のブレンド
品種 ピノ・ノワール 100%(赤ワイン)
生産年 2010年
アルコール度数 14%
熟成  100% フランス樽で10~11ヶ月間熟成 (新樽25%)そして2011年4月に瓶詰め
タイプ やや軽め、辛口
飲み頃 2012~2020年
販売価格 NZ44ドル

 深みのあるガーネットカラー
 ダークチェリーとプラムなどの果実香に続きシナモンなどのスパイス、ドライハーブの香り
 甘酸っぱいイチヂクの果実味でかなり濃厚な味わいです。程よいタンニン、スパイスが後に続きます。後味は少し辛さが残ります。(ニック)



スポンサーサイト



ギブストンバレー セントラルオタゴ ゴールド・リバー ピノ・ノワール 2011

[ 2012/07/26 ]
ギブストンバレー・ワイナリーの早飲みタイプのピノ・ノワールです。


ギブストンバレー セントラルオタゴ ゴールドリバー ピノ・ノワール 2011
 ギブストンバレー セントラルオタゴ ゴールドリバー ピノ・ノワール 2011

ワイン名 ギブストンバレー セントラルオタゴ ゴールドリバー ピノ・ノワール 2011
ワイナリー名 ギブストンバレー ワインズ(Gibbston Valley Wines )
所在地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方  ギブストン地区
ぶどう産地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方 ベンディゴ地区(自社畑)
品種 ピノ・ノワール 100%(赤ワイン)
生産年 2011年
アルコール度数 14%
熟成  100% フランス古樽で4ヶ月間熟成
タイプ やや軽め
飲み頃 2012~2014年
販売価格 NZ30ドル

 深みのあるガーネットカラー
 香り高く、ストロベリージャムのような甘さを感じます。徐々に果実香が小豆ぽくなってきました。そしてもう少し時間が経つとアイスのあずきバーの香りに変わってきました。
 フレッシュさ溢れる甘酸っぱいラズベリーの果実味にドライハーブや少しオークの香り、タンニンは穏やかです。余韻は甘酸っぱさがずっと残ります。(ニック)



セイント・クレア マールボロ プレミアム ピノ・ノワール 2011

[ 2012/07/26 ]
本日のワインは、マールボロ地方のピノ・ノワールです。
 
セイント・クレア マールボロ プレミアム ピノ・ノワール 2011 セイント・クレア マールボロ プレミアム ピノ・ノワール 2011


ワイン名  セイント・クレア マールボロ プレミアム ピノ・ノワール 2011
ワイナリー名 セイント・クレア・ファミリー・エステート(Saint Clair Family Estate)
所在地 ニュージーランド 南島北部 マールボロ 地方 ブレナン
産地 ニュージーランド 南島北部 マールボロ 地方
品種 ピノ・ノワール 100%(赤ワイン)
生産年 2011年
アルコール度数 13.5%
熟成 ステンレスタンクとフランス樽 (新樽と古樽)のブレンド
タイプ やや軽め
飲み頃 2012年~2015年
販売価格 NZ25ドル(スーパーマーケットの安売りでNZ15.99ドルで購入)

セイント・クレア マールボロ プレミアム ピノ・ノワール 2011 


 深みのあるガーネットカラー
 グラスに注いだ直後は、キャラメル、森、濃厚な果実、埃っぽい香りでした。スワリング後は果実の香りが主体になりスパイシーなチェリーやラズベリーの赤い果実、森、赤い花の香りになりました。
 まず感じたのは、さらっとした甘酸っぱい果実味です。酸味は高く、甘さはほとんどなく辛口で、程よいタンニンがあり、余韻は苦くて辛い味わいです。数時間後に飲むとはじめの印象とはまったく違い、渋くて辛くて甘酸っぱい果実味になっていました。2日目になると渋さ、辛さはやわらぎ、凝縮感のある果実味を感じられるようになりました。酸味はやはり高く感じます。ピノ・ノワールの果実のフレッシュさを感じられる味わいになりました。(ニック)

ギブストン・バレー セントラルオタゴ リザーブ シャルドネ 2011

[ 2012/07/24 ]
本日のワインは、セントラルオタゴのシャルドネです。

ギブストンバレー リザーブ シャルドネ 2011
 ギブストンバレー リザーブ シャルドネ 2011

ワイン名 ギブストンバレー リザーブ シャルドネ 2011
ワイナリー名 ギブストンバレー ワインズ(Gibbston Valley Wines )
所在地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方  ギブストン地区
ぶどう産地  ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方 ベンディゴ地区 標高300m チャイナ・テラス・ヴィンヤード(自社畑)
品種 シャルドネ 100%(白ワイン)
生産年 2011年
アルコール度数 14%
熟成 100% フランス樽で10ヶ月(新樽25%)
タイプ 辛口
飲み頃 2012~2021年
販売価格 NZ38ドル
 
 麦わら色
 シトラスなどの柑橘類、アップルの果実香、ヘーゼルナッツの香り、クリーミーさもあります。
 柑橘系の酸味を強く感じます。そしてミネラルたっぷりの味わいです。果実味は薄いアップルジュースにほんの少しナッツぽさがあります。酸味が味を引き締め、後味をドライにしています。

まだ飲むには若すぎるかな。数年後にまた飲んでみたいワインです。(ニック)

ギブストン・バレー セントラルオタゴ ピノブラン 2011

[ 2012/07/23 ]
Pinot Blanc(ピノブラン)はニュージーランドでは、栽培面積が17ヘクタールしかない珍しいぶどうの品種です。

ギブストンバレー セントラルオタゴ ピノブラン 2011 ギブストンバレー セントラルオタゴ ピノブラン 2011


ワイン名 ギブストンバレー セントラルオタゴ ピノブラン 2011
ワイナリー名 ギブストンバレー ワインズ(Gibbston Valley Wines )
所在地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方  ギブストン地区
ぶどう産地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方 ベンディゴ地区 標高220m レッド・シェッド・ヴィンヤード (自社畑)
品種 ピノブラン 100%(白ワイン)
生産年 2011年
アルコール度数 14.5%
熟成 フランス樽 100%(古樽100%)
タイプ 辛口
飲み頃 2012~2021年
販売価格 NZ32ドル 



 淡いイエローカラー
 オークの香り、スパイスなどで果実香はあまりしません。
 程よい果実味と酸味、クリーミーでナッツぽく、ほろ苦さがあります。そしてアルコールのボリュームはすごく感じます。味わいはアップルシナモンがぴったり当てはまります。古いフランスオークで熟成させ、フルーティーさとクリーミーさとナッツぽさのニュアンスを与えているのかな。(ニック)