fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

Wanaka Wine and Food Fest 2012

[ 2012/10/21 ]
 こんにちは、ニックです。いや~楽しい一日でした。昨日お話したように『Wanaka Wine and Food Fest』 に行ってきました。天気にも恵まれ、多くの人が訪れイベントも大盛況な様子でした。一般的にセラードア(試飲、販売する場所)を持っていないワイナリーのワインが飲めるとあって、今日は久しぶりにワインスタッフ全員が集合しました。それでは、会場の様子をご覧ください

Wanaka Wine and Food Fest 2012 

イベント会場といっても日本のような大規模な会場ではなく、何と!この写真に会場全体が写っています。可愛らしいでしょ?それでもワナカや周辺の町からたくさんの人が遊びに来ていました。犬を連れてきている人、芝生で寝転んでる家族、ワインを真剣に飲んでる人など皆、思い思いに過ごしていました。

テイスティンググラスとフラッグ 


早速、私達の目的のワインコーナーに向かいます。はじめにワインの参加費20ドルを支払います。ワイングラスと4回分のテイスティング券が付いてきます。ワインブースは大きなテントの中にあり、すでに大勢の人でにぎわっていました。 ワナカ周辺のワイナリーが7店舗も出店しています。自ずとテンションがあがります。

ワインブース  テント内

では、参加ワイナリーを紹介します。

Maude Wines
Maude Wines(モード・ワイン
ピノ・ノワール2010・・・果実味、樽の風味があり、まだ若くて飲むには早いがすごく良く造られていてこれからが楽しみのワインです。

 
two degrees two degrees
Two Degrees(トゥー・ディグリース
ピノ・ノワール2008・・・少し熟成した味わいが美味しかったです。
ピノ・ノワール2010・・・果実味、樽の風味、酸味、苦味とまだ若々しいけど美味しい  。これからが楽しみのワインです。

 
maori point maori point
Maori Point Vineyard(マオリ・ポイント・ヴィンヤード
ピノ・ノワール2009・・・果実味よりミネラル重視、すこし軽い味わいだが余韻はすごい長く感じます。これはこれで美味しかった

 
drafters gate
Drafters Gate(ドラフターズ・ゲート
ホームページがありません
このワイナリーはセントラルオタゴでは珍しく、赤ワイン品種ピノ・ノワールを生産していません。白ワインとロゼのみの生産です
リースリング・・・キリットした酸味があり冷涼な気候のこれぞ!セントラルオタゴのリースリングという味わい 。
リースリング・ロゼ・・・ピノ・ノワールで色付けしている為に飲み味に少しその味を感じるが味わいは、ほぼリースリングです。  

 
rippon vineyard rippon vineyard
Rippon Vineyard(リッポン・ヴィンヤード
ピノ・ノワール2009・・・ミネラル重視の造りで食事と合わせて飲むと良さそうなワイン


swallows crossing swallows crossing
Swallows Crossing(スワローズ・クロッシング
ピノ・ノワール2009・・・ とてもやさしくてエレガントなワイン
ピノ・ノワール2010・・・若々しく強いイメージのワイン


wild earth wild earth
Wild Earth Wines(ワイルド・アース・ワイン
ピノ・ノワール2009・・・複雑さを感じさせる素晴らしいバランスのとれたワイン

いやー全て美味しいワインでした。久しぶりにスタッフ全員でワインについてあーだこーだと話せて楽しいイベントでした。それじゃ。素敵な日曜日を過ごしてくださいね。ニックでした。



ワナカ 
 
ワナカの位置 
スポンサーサイト



明日、『Wanaka Wine and Food Fest 』が行われます

[ 2012/10/19 ]
こんにちは、ニックです。最近クイーンズタウンの天候があまりよくありません。写真を見てください。朝、山を見たらまた雪が積もっていました。昨日の嵐で山の上のほうは雪が降っていたようです。現在の気温は4度と今日も肌寒い一日になりそうです。

セシルピーク 10月19日 午前6時30分ごろ   

明日、クイーンズタウン近郊の町、ワナカでワイン・イベント『Wanaka Wine and Food Fest』が行われます。私達ワイン好きにとって堪らないイベントです。今からワクワクして今日の夜眠れるかどうか心配なほどです。ワナカはセントラルオタゴのワイン産地の1つで、世界一美しいワイナリーと言われている『リッポン・ヴィンヤード』がある地区です 。そのワイナリーの写真をごらんください。

リッポン・ワイナリー 

実際におとぎの国に迷い込んでしまったような感覚になります。すごく素敵な場所でしょ。ワイナリー訪問『デラックス・ツアー』に参加すると立ち寄ることもできます。この写真はNZの秋2012年4月19日に撮ったものです。このワナカ地区は、ワインの試飲ができる場所をもうけてるワイナリーがあまりありません。その為、明日のイベントが重要なのです。ワナカ地区のワイナリーが出店してきます。その言葉だけで、もえーとなってしまいます。かなりのワインバカですからね。明日はイベント開始とともに行きますよ。この様子は後日お伝えしますね。それでは、良い一日を過ごしてくださいね。ニックでした。

Wanaka Wine and Food Fest の詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://www.lakewanaka.co.nz/new-zealand/Event-Details/index.cfm?eventID=309

TSSアーンスロー号100周年イベント (クイーンズタウン)

[ 2012/10/18 ]
こんにちは、ニックです。今日は朝から激しい雨が降っているクイーンズタウンです。写真の通りリマーカブルズ山脈に低い雲がかかっています。かなり寒そうでしょ?気温は6度ですごく肌寒いんです。今日は終日このような天気の予報です。

10月18日(木)クイーンズタウンの風景

今日は、クイーンズタウンでビックイベントが行われます。クイーンズタウンには湖上の貴婦人として呼ばれ親しまれている観光船『TSSアーンスロー号』があります。毎日、町がら対岸のウォルターピーク牧場までの観光船として運行されています。今日は、そのアーンスロー号の運行100周年記念イベントなのです。1912年10月18日(金)にキングストーンからクイーンズタウンまで人々の移動手段として運行が開始されました。それ以前の交通手段は南島南端の町インバカーギルからキングストーンまでは蒸気機関車が運行され、それからクイーンズタウンまでの道のりは危険で険しい湖沿いの道を通らなければいけませんでした。この運行により人々にとって安全にそして手軽にクイーンズタウンまで移動できる交通手段ができました。その当時の人々の喜びはすごかったと思います。今日はアーンスロー号が運行されてからちょうど100年目です。その記念イベントとして昼間の時間帯に昔の航路で運行されます(クイーンズタウンからキングストーンまでの1往復)夕方からは、町からフランクトンまでクルーズを楽しむことができます。(出発時間は4.00pm,5.30pm,7.00pm,8.30pm,10.00pm)


1041_convert_20121018054831.jpg
 
TSSアーンスロー号の航路  

TSSアーンズロー号を天気のいい日に撮った写真です。

TSSアーンスロー号  
TSSアーンスロー号 
TSSアーンスロー号 
TSSアーンスロー号 ウォルターピークにて 


僕はアーンスロー号には何度も乗船しています。すごく心地いい船なんです。乗船して、まず感じるのは石炭の香り、出航とともに荒々しく鳴り響くエンジン音、船首で受ける風、船内でのティータイム、そしてこの風景が優雅な気持ちにさせてくれます。まさに五感が働くから居心地がいいのだと思います。これから先も人々に幸せを運ぶ貴婦人船として活躍してくださいね。

これがニュージーランドの引っ越しだぁあ!

[ 2012/10/17 ]
こんにちは、ニックです。

この写真を見てください!これがニュージーランドの引越しの様子です。愛着のある家ごと引っ越ししてしまうのです。その発想がすごいですよね。新しい家のほうが新鮮でいいような気がしますが、キュウイは物を大切にするんです。まぁ 新しい家を建てるよりは安く引越しができる点が母屋ごと引っ越っす理由かな。引越しの時間帯は昼間の明るいうちにします。ニュージーランドは郊外に行くと先進国では珍しく街灯がまったくないのです。真っ暗闇です。安全の為にこのような移動は昼間に行います。でも車の速度はすごいです。この家を運んでるトレーラーは時速80キロぐらいだと思います。前後にはワイドなトラックが来ることを知らせるオフィシャルカーが走っています。こんな車が前方から来たらどうしますか?まずは安全の為に道の端に寄ります。そして急いでカメラを取り出し写真を撮りそれからニュージーランドの引越しの様子ということでブログに載せてみましょう。そうするとこんな写真が撮れます。ニュージーランドの旅の思い出になること間違いありません。ニュージーランドの旅行中はすぐにカメラの電源を入れられるようにしておいてくださいね。何が起こるかわかりませんからね。それじゃ、皆さん今日も一日安全運転で行きましょう。ニックでしたぁ

DSCF1480_convert_20121017104916.jpg

雨の日のアクティビティー(クイーンズタウン)

[ 2012/10/16 ]
こんにちは、ニックです。今日のクイーンズタウンは晴れていますが強風が吹いています。こんな天気のときに空を見上げるとレンズ雲がよくみられます。これは天候が荒れる前兆の場合が多いです。夕方から雨が降るかもしれません。

クイーンズタウンの町  レンズ雲

世界遺産ミルフォードサウンドに行く道路も引き続き、土砂崩れ撤去作業の為に閉鎖されています。新聞の記事の写真をご覧ください。http://www.stuff.co.nz/national/7818818/Boulders-blasted-to-unblock-Milford-Rd 信じられません!こんな岩が道路に落ちてきた何て!!これをダイナマイトを使って粉砕したそうです。予定では明日開通でしたが、ミルフォードサウンド地域に雨が降る予報がでています。作業が遅れる可能性もあり開通にはもう何日間か必要になるかもしれません。

クイーンズタウンで雨が降った時にお勧めの場所が何箇所かあります。そのひとつが『 Strike Bow 』ボーリング場です。街から少し離れた場所にある為に車がないと行くのが難しいですが、街の中心部のステーション・ビルディングからシャトルバスが運行されています。詳しくはホームページをご覧くださいね http://strikebowl.co.nz/ このボーリング場に入るとその大きさにビックリします。日本ではあまり見たことがない光景です。何と!!7レーンしかないのです。かなりコンパクトでかわいいですよ。よく遊びに行くのですが、あまりメンテナンスがされてないので、日によってレーンのコンディションがガラリと変わります。そんなものは腕でカバーです。と言いたいところですが、そううまくはいきません。通常アプローチ場所(助走して投球する場所)にワックスがあまり塗られていないので、かなり膝に負担がかかります。膝の調子がよくない人にはかなり厳しいボーリングになります。注意が必要ですので気をつけてくださいね。そんな困難を乗り越えてボーリングを楽しみませんか?雨の日に最高の思い出を作りましょう!!それでは、良い一日をお過ごしください ♪ ごきげんよう ♪ ニックでしたぁ

ストライク ボール ストライク ボール