fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

ミッション・エステート セントラルオタゴ リザーブ ピノ・ノワール 2009

[ 2012/06/24 ]
今日のワインは、ニュージーランドで一番古いワイナリー『ミッション・エステート・ワイナリー』です。ワイナリーは北島のホークスベイ地方にあります。

ミッション・エステート ピノ・ノワール 2011 ミッション・エステート ピノ・ノワール 2011

ワイン名 ミッション・エステート ブラックラベル セントラルオタゴ リザーブ ピノ・ノワール 2009
ワイナリー名 ミッション・ヴィンヤード(Mission Vineyards)
所在地 ニュージーランド 北島東部 ホークスベイ地方
ぶどう産地 ニュージーランド 南島南部 セントラルオタゴ地方 ロウバーン地区
品種 ピノ・ノワール 100%(赤ワイン)
生産年 2009年
アルコール度数 14.5%
熟成 100%フランス樽 で12ヶ月熟成
タイプ ミディアムボディー  
飲み頃 2012~2018年
販売価格 NZ28ドル


 濃いルビーカラー
 ラズベリー、ドライハーブ、スパイス
 ラズベリー系の甘酸っぱい赤い果実としっかりとしたオークの味わいです。飲んだ瞬間にきっちりワインを造っていることがわかります。しっかりとした果実味にオークの香り、程よい酸味とドライハーブの甘み、タンニンがうまくワインに溶け込んでいます。そしてこのワインの決め手はしっかりとしたタンニンです。このタンニンがすっきりとした後味をワインに与えています。余韻も長く程よい甘さが残ります。

今飲んでもかなり美味しいです。でもこれだけしっかりと造っているので、この先が楽しみなワインです。(ニック)
スポンサーサイト



知らなかった!!
こんばんは
NZワインの老舗、ミッションエステートが
セントラルオタゴのブドウを使って
ピノ・ノワールを作っていたのを
僕は知りませんでした。

さすが現地からの情報にはかないませんね。
これからもブログ楽しみにしています。
[ 2012/07/06 04:00 ] [ 編集 ]
Re:そうなんです。
こんにちは。
そうなんです。ミッションエステートが造っているんですよ。
最近オタゴ以外のワイナリーがセントラルオタゴの葡萄を使ってワインを造っていますよね。
20ドル台の値段だと味はいまいちの場合が多いのですが、このミッションのワインはその価格でしっかりと造っています。現在2011年ヴィンテージも販売されています。飲む機会があったらブログに飲んだ感想をのせますね。
[ 2012/07/10 11:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL