fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

デラックスツアーの様子

[ 2013/10/07 ]
早いもので、10月に入って一週間経ちました。
先月末にはデイライトセービング(いわゆるサマータイム)が始まり、昨日にはクイーンズタウン近郊のスキー場が全てシーズン終了となり、というようにこれからどんどん夏に向かっています。まだちょっと肌寒いですが。。。明日は、場所によっては標高の高いところは雪の予報だし。。 まあ、いつものことですけれどね。

さて、先週のデラックスツアーで写真を撮って参りましたのでご報告です。
ワナカまで足をのばすデラックスツアーは、ワイナリー訪問はもちろんのこと、観光も盛り込んだツアー内容となっています。

まず、朝9時にホテルにお迎えです。今回は女性お二人がご参加です。
その後、クイーンズタウン周辺観光の定番である、アロータウン、バンジージャンプ発祥の地であるバンジー橋を見学した後、ギブストンバレー地区のワイナリーを一軒訪問です(チャードファーム)。

その後、クラウンレンジというニュージーランド国内の公道で最も標高の高い峠(1076 m)を越える道を通ってワナカへ向かいます。 途中の展望台にて写真ストップ。

クラウンレンジ展望台からワカティプ盆地を見下ろす


眼下にワカティプ・ベイスン(盆地)が広がり、たなびく雲の奥にクイーンズタウンのワカティプ湖が見えます。

眺め良し、プラス、ちょっとスリルのあるジグザグとした峠越えの道を約一時間移動すると、いよいよワナカ到着です。ワナカでは、風光明美なことで知られるワイナリー、リッポンをワイナリー訪問です。どうですか、このワイナリーからの風景!

リッポンワイナリー


ワナカ湖を背景に、剪定されたぶどう畑が見事です。今は芽が出始めている時期ですよ。

その後ワナカの街中で、ランチの時間も兼ねて一時間のフリータイム。

帰りは、クロムウェル経由でクイーンズタウンへ戻ります。

クロムウェル地区では、オーラムをワイナリー訪問。ここは花々が美しいお庭にも注目!春らしく水仙やチューリップが出迎えてくれました。

オーラム・ワイナリー


なんと!ラッキーなことにワイナリーの中の見学もさせてもらえました。少人数のツアーだと、こういうこともあるのです。

オーラム・ワイナリー内部


再びギブストン・バレー地区に戻りブレナンをワイナリー訪問。

17時ホテル帰着。

といったように、デラックスツアーは、ワナカまで足をのばし、ワイナリー訪問だけではなく、観光要素も盛りだくさんのツアーです。
それもワナカへの1~1.5時間の道は、往路と復路では通常違う道を通りますので、移動中も飽きることがありません。その途中にワイナリーがありますしね。

個人ではなかなか訪れることのないワナカにも行ってみたい!ワインだけではなく観光も楽しみたい!なんて方にお勧めのツアーです。

今回はお天気にも恵まれ最高の観光日和となりました。もちろんワインも楽しんで頂きましたよ

興味をもたれた方は、ホームページをチェック! お問合わせお待ちしています

スポンサーサイト



ワイナリーツアー
先日は、ありがとうございました。私たちの旅の第一の目的でもあったワイナリーツアーが本当に最高のものになりました。連れて行ってくださったところは、どこも素晴らしく、感謝感謝です。今回出会えたシャルドネには驚き、ピノグリ、ロゼにも心惹かれるものがありました。本当にツアーをお願いして良かったです。ありがとうございました。今は、送ったワインv-272が届くのを楽しみに待っています。いつかまた、プランニングお願いしますね。
[ 2013/10/09 13:59 ] [ 編集 ]
>田村様
こちらこそ、先日はありがとうございました。
お楽しみ頂けて、何よりでした。
お気に入りのワインを見つけられたようで、また新しい発見もあったようで、ご案内した側としては嬉しい限りです。
また機会がありましたら、ぜひ遊びにお越しくださいね。
[ 2013/10/09 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL