fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

さようなら ノースバーン・ステーション

[ 2014/06/12 ]
先月末のことになりますが、クロムウェルに位置するノースバーン・ステーションに行ってきました。
というのは、このワイナリー売れてしまったからです。

ノースバーンステーションについては、以前このブログで紹介いたしました。
クロムウェルのダンスタン湖の東側に位置し、ワイン&フードマッチングのテイスティングができるのが特徴のセラードアーです。

ノースバーン・ステーション シェッド


レストランもあり、地元の人がのんびりランチをとりに来たり、ウェディングやコンサートなどのイベントを開催するのに人気のあるワイナリーです。

クロムウェルの他のワイナリーからは若干離れている関係でワイナリー訪問では訪れることは殆どなかったのですが、個人的には好きなワイナリーです。

ですが、このワイナリー売却されてしまい、セラードアーやレストランも基本的に閉鎖となると聞いたので、閉まる前にと慌てて行ってきました

このノースバーン・ステーションを購入したワイナリーは、ニュージーランド最大のワイン産地であるマルボローに位置する、かの有名な「クラウディ・ベイ(Cloudy Bay)」です。ニュージーランドワインを少しでもご存じの方は聞いたことがあることでしょう。なんといっても、ニュージーランドワイン、それもソーヴィニヨン・ブランの存在を世界に広めたのがこのクラウディ・ベイです。

クラウディ・ベイはもともとオーストラリアのケープメンテルのオーナーによって設立されたワイナリーであり、現在は、モエ・ヘネシー・エステーツ&ワインズ(Moet Hennessy Estates & Wines)の傘下に入っています。すなわち、あの高級ブランドであるルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー(LVMH)グループの一員です。

クラウディ・ベイはここ2年程は、セントラルオタゴの一区画を借りそのぶどうを使ってピノ・ノワールを造っていましたが、セントラルオタゴのヴィンヤードを購入したのは初めてのことです。

セントラルオタゴは家族経営のブティックワイナリーが多く、それが特徴の一つであるのですが、こういった外資グループの大手ワイナリーが進出となるとこれから様子が変わってくるかもしれませんね。知名度がますます上がるのは間違いないでしょうが、吉とでるか凶とでるか。。。

それはともかく、ノースバーン・ステーションの(雇われ)マネージャーは、かつてワインについて教えてもらった知り合いということもあり最後の挨拶がてら行ってきました。(彼はふてくされてか、海外へ行ってしまうらしいので。。。。) 決して最後のワインセールだけが目的じゃないですよ

終了時間間際でしたが、フードマッチングのテイスティングを頼んで、カウンターの女性とおしゃべり。

ノースバーン・ステーション ワイン&フードマッチング フード ノースバーン・ステーション ワイン&フードマッチング ワイン


材料もあまりなかったのか、フードが以前よりちょっとしょぼいような?
現在働いているスタッフは、一名を除いてシェフも含め全員解雇らしく、私は仕事が見つかったけど、他はまだ決まっていないのよなんて話してくれました。

現在仕込中の2014年はノースバーン・ステーションのラベルの最後のヴィンテージとなる予定だそうです。
クラウディ・ベイは、ピノ・ノワールとシャルドネを除いて他のぶどうは全部抜いて植え直らしい。すなわち、ピノ・ノワールとシャルドネ以外は造らないようなので、ここのリースリングが好きだった私としては残念です。

イベントは受け付けるけれど、セラードアーのテイスティングは事前予約された場合だけ開けるとのこと。スタッフが一人ですからねぇ。。 落ち着いたらセラードアーはまた開けてくれるようになるのかな?

なんだか、がらっと変わってしまうようです。ヴィンヤードもなんだか悲しそうです

ノースバーン・ステーション ヴィンヤード


クラウディ・ベイのラベルのワインは2015年のヴィンテージからとなるらしいので、そのワインが出回るのは、2年以上先のことになるでしょう。なんだかお高いワインになっちゃうのかな?と思うのわ~るでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL