fc2ブログ

セントラルオタゴワイナリー訪問ツアー スタッフブログ ~クイーンズタウンより

ニュージーランド南島クイーンズタウンからのワイナリーツアー。ワインに恋してしまっているスタッフの日常を綴っています。

ツー・ディグリーズ ピノ・ノワール2012

[ 2014/06/16 ]
ワールドカップ盛り上がっていますか?いやぁ、日本の初戦であるコートジボワール戦、悔しかったですねぇ。。次の試合に期待です。

ニュージーランドはラグビーが盛り上がっていますよ。そして、ここクイーンズタウンでは、いよいよウィンター・フェスティバルが今週の金曜日から始まります。最近雨の予報が多いのですが、現在のところ金曜日は晴れ!の予報。オープニングフェスティバルの花火が楽しみです。

さて、本日紹介するワインは、
two degrees Pinot Noir2012
「ツー・ディグリーズ ピノ・ノワール2012」

ツー・ディグリーズ ピノ・ノワール 2012


ツー・ディグリーズは、セントラルオタゴは、クロムウェルとワナカの間に位置するワイナリーです。
ピノ・ノワールのぶどうを植えたのが2003年、ファースト・ヴィンテージが2007年という比較的新しいワイナリーです。
数年前に、ワナカのイベントで初めてその名を知った時に、なんでツー・ディグリー(2度)?って聞いたら、ぶどうが植えられているヴィンヤードが2度の傾斜となっていることから付けたとのこと。
その時に飲んだピノ・ノワールのやわらかなワインの味わいは今でも覚えています。それ以来気にしているワイナリーです。

その2012年のヴィンテージの味わいはいかがでしょう。

two degrees pinot noir 2012


色合い
 明るいルビー

香り
 サクランボや、プラムなどの果実の香り、そしてカカオの香り。背後にハーブの香りも感じます。

味わい
 やはり、プラムやサクランボの果物、そして、紅茶やタイムといったハーブのニュアンスもあります。やわらかなタンニンで余韻も長め。
 複雑味がありながらやさしくてエレガントなワイン

やっぱり、女性的でやさしいワインでした。おいしゅうございました 名前の通りクールなワインでもありますね

それでは、2度の傾斜っていったいどれくらいなんだ?実際に見てみなくちゃと思っているのわ~るでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL